私立中高一貫校の6年間

数年先にやってくる大学受験。
目標達成に向けて、中学時代からコツコツと努力を重ねる子どもの頑張りに応えるため、保護者は進路に関してできるだけ早い時期から準備をしておきたいものです。
そこで、大学進学までを見据えて子どもの成長をサポートする私立中高一貫校の6年間のスケジュールを、日頃の学習法や進路決定のポイントを織り込みながらまとめました。
ぜひ親子一緒に熟読し、今後の参考にしてください。

継続性を活かして先を見据えた学習環境
全国にある私立中高一貴校で実践され、高い評価を得ている「中高6年一貫教育」。
その特長は、単に中学・高校をー緒にしただけのものではなく、6年間の継続性と、そこから生まれる時間的なゆとりを活かした学習環境のもと、学びを深められることにあります。
P5~6に示した私立中高一貫校で過ごす6年間の大まかな流れからも分かる通り、「中高6年一貫教育」では生徒の成長に合わせた体系的な学習カリキュラムが組まれています。
基礎的な知識と学習習慣を身につける中学1年。
次々に新しい知識を吸収し、中学課程の学習内容を修了する中学2年。
中学3年から高校課程の学習内容に取り組み、文理選択をする高校1年には大学受験の準備がスタート。
本格的に”受験験モード”に突入し具体的な志望校を決める高校2年を経て、高校3年には実践的な受験対策に集中する。
このように、公立の中学・高校と比較すると私立中高一貴校の「中高6年一貫教育」は、学習進度が速いことが特徴です。

時間的なゆとりからより深い学びが生まれる
ただし、その目的は決して大学受験のためだけに先を急ぐことではなく、6年先を見据え時間的なゆとりを活かして、より深く、じっくりと学びを深めることにあります。
高校受験の準備のために時間を取られることなく、中学・高校の学習内容の重複を避けることで十分な授業時間が確保する「中高6年一貫教育」の中で、子どもたちは一歩ずつ、確実に学力を積み重ねていくことができます。
また、時間的なゆとりは、多感な時期を過ごす生徒たちの心身を健やかに育むことにも活かされます。
課外活動や学校行事といった学習以外の活動を、生徒の自主性を育て、互いに切磋琢磨しあう仲間と共通の目標に向かって取り組む場と位置づけ、人間教育につなげることができる点も、私立中高一貫校ならではの特色といえます。

岐阜家庭教師 アズ
自覚と責任を負う優良業者に 家庭教師協会・派遣業協同組合 の ロゴマークの利用が許されております。
Copyright(c) 家庭教師のアズ All Rights Reserved.