奨学金制度、受験、教育費

「日本学生支援機構の奨学金」 
日本学生支援機構(旧日本育英会)は、独立行政法人日本学生支援機構法に基づき、国の育英奨学事業を行う機関です。無利子貸与の第一種と利息付貸与の第二種があり、いずれも経済状況と学業成績の2つの条件があります。申し込みは、進学する前年に在学している学校を通じて行う方法(予約採用)進学後に在学している大学等の窓口に申し出る方法(在学採用)不測の事態で急に奨学金が必要となった場合に在学する大学等を通じて申し出る方法(緊急採用・応急採用)があります。

奨学金の申込みにあたって(留意点)
日本学生支援機構奨学金制度の趣旨 

意欲と能力のある学生に「教育を受ける機会」を保障し、自立した学生生活を送れるよう支援します。 「奨学金」は二種類で、どちらも要返還第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)のどちらの奨学金も、貸与が終了すると返還の義務が生じます。返還した奨学金が後輩への奨学金になる仕組みです。

保証制度について
申込み時には機関保証に加入するか、連帯保証人と保証人を選任するか、いずれかを選択する必要があります。

採用方法
学校長の推薦を受けた申込者について、人物・健康・学力・家計などを基準に照らして選考を行い、予算の範囲内で採用する仕組みです。奨学生の採用方法には「予約採用」「在学採用」「緊急採用・応急採用」があります。

【予約採用】入学前の申込
入学前に奨学金を予約する制度です。進学する前年に在学している学校の奨学金窓口に申し出てください。進学先が確定していなくても申込みができます。
【在学採用】入学後の申込
毎年春に学校で奨学生の募集を行います。
希望する人は、在学している学校の奨学金窓口に申し出てください。予約採用で残念ながら不採用になった方も、再度、申込みできます。
【緊急採用・応急採用】緊急の申込
家計の急変(家計支持者が失職・病気・事故・会社倒産・死別または離別・災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合は、在学している学校の奨学金窓口に相談してください。

在学採用の申込みは、上級学校入学後直ちに行われます。
忘れずに申し込むようにしてください。

奨学金の貸与方法
奨学金は奨学生に採用され、貸与を認められた月から在学している学校の卒業月まで、毎月、本人の銀行・信用金庫・労働金庫の口座に振込まれます。

奨学金の返還方法
採用時に、「返還誓約書」を提出していただきます。リレーロ座(ゆうちょ銀行・銀行・信用金庫・労働金庫の預貯金口座からの自動振替)に加入し、卒業して6ヵ月後から返還が始まります。

第一種奨学金について

区分 通学形態 貸与月額 貸与総額 返還月額 返還回数(年数)
国・公立 自宅 45,000円 2,160,000円 12,857円 168回(14年)
自宅外 51,000円 2,448,000円 13,600円 180回(15年)
私立 自宅 54,000円 2,592,000円 14,400円 180回(15年)
自宅外 64,000円 3,072,0000円 14,222円 216回(18年)
定額 ※30,000円 1,440,000円 9,230円 156回(13年)

※第一種奨学金では、進学先・通学形態別に金額が定められていますが、区分にかかわらず3万円を選択することもできます。

第二種奨学金について
(大学学部・貸与月数48ヵ月の場合)
平威25年度

貸与月額 貸与総額 年利 返還総額 返還月額 返還回数(年数)
30,000円 1,440,000円 1% 1,543,214円 9,832円 156回(13年)
2% 1,650,545円 10,580円
50,000円 2,400,000円 1% 2,597,188円 14,428円 180回(15年)
2% 2,803,404円 15,574円
80,000円 3,840,000円 1% 4,257,117円 17,737円 240回(20年)
2% 4,699,817円 19,582円
100,000円 4,800,000円 1% 5,321,420円 22,172円 240回(20年)
2% 5,874,754円 24,478円
120,000円 5,760,000円 1% 6,385,730円 26,606円 240回(20年)
2% 7,049,746円 29,373円

※第二種奨学金は固定金利型と変動金利型の選択ができます。変動金利型を選択した場合でも、金利の上限は3%と定められています。
上記の表は1%と2%のモデルケースを掲載しています。

岐阜家庭教師 アズ
自覚と責任を負う優良業者に 家庭教師協会・派遣業協同組合 の ロゴマークの利用が許されております。
Copyright(c) 家庭教師のアズ All Rights Reserved.