私立中高一貫教育、中学受験

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s

 

中学受験を考える

保護者の方はわが子の学力が落ちるのを防ぐために、学校以外の教育機関(家庭教師、塾等)に教育を委ねる傾向が顕著になってきています。こうした状況の中で愛知、岐阜家庭教師のアズにおいても、学校での学習フォローを求める保護者の方からの問い合わせが増えています。以前は保護者の方からこんな話をしてくださいました。「学校の授業時間は限られており、1つ1つの単元に時間をかける余裕がなく、先生は表面的な説明しかしてくれないと子供が言っていました。そのため知識は増えるのですが、子供の考える能力が向上していないようです。公立の学校では真の学力は身につかないように感じますし、時間が限られているので先生に多くを求めるのも現実は無理なことですよね」
たしかに今の公立学校では真の学力は身につかないように感じます。その理由は、保護者の方のコメントにもあるように、絶対的に授業時間が足りないからです。公立校のこのような状況の中で私学の中高一貫教育に関心を持ち、わが子の中学受験を考えようとしている保護者の方が増えています

 

ここで、私立中高一貫校の魅力について考えて生きたいと思います。私立中高一貫校の6年間で得られるものは、大学進学のための学力だけではありません。公立校とは対照的に進学実績を伸ばしてきました。6年間と言う時間の中で、実験や考察、意見の交換や討論に時間を割くことができ、さらに学習の奥深い面や楽しさに気付くことができます。また、進学に対応できる基礎学力の定着もはかることができます。
公立校と違い人間教育と進路指導は両立可能です。6年間の中高一貫校では時間のゆとりがあるため友人や先生などと人間関係を構築していくことができます。
中学受験に挑戦することで親と子供が得られるものは何だろうか?

 

多種多様な中学入試問題を目指して、その種の問題に取り組む力を付けるために努力する中で、小学生の段階でハイレベルの考察力や知識を操る力を付けることができます。額指導要領の中で小学校時代に知識や計算能力を付けずに過ごしていた小学生にとって進学することを視野に入れて考えた場合、この時期に、いろいろな観点からさまざまな学びに関わることの意義は大いにあります。中学入試がクオリティーの高いものであるほど、学びは子供たちにとって価値のあるものになります。愛知、岐阜家庭教師のアズでは、中学受験を目指す子供に対しては、多種多様の中学入試問題にチャレンジしてもらっています。生徒が自分の力でぶつかっていく初めての大きな壁となる中学入試に挑戦する過程において学力が向上する以外に精神的にも成長が期待できます。学習の習慣はその後も力となって発揮されますし、その過程において学ぶ楽しさを感じることができれば、何事も継続して学んでいくようになります。
また、中学受験は親子の受験と言われるように、受験準備から入試本番までの間は保護者の方の協力が必要不可欠なものとなります。家庭教師岐阜のアズにおいては、保護者の方と生徒の間にたって、学習面はもちろん精神面にもサポートしていく体制を整えています。

 

愛知・岐阜家庭教師のアズ

自覚と責任を負う優良業者に 家庭教師協会・派遣業協同組合 の ロゴマークの利用が許されております。
Copyright(c) 家庭教師のアズ All Rights Reserved.