新型コロナウイルスにより明らかになった家庭教師のメリット

select

・はじめに

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により、学校を始めとした教育機関にも大きな影響がありました。現在は学校も再開していますが、学校によっては中間テストがなくなったり、夏休みも2週間程度に縮められたりしています。今回は、学校の臨時休業中に塾と岐阜家庭教師のアズがどう対応したのかを書いていきます。

・塾では

緊急事態宣言により外出の自粛と3密を避けることが求められ、3~5月は殆どの塾は開校出来ませんでした。休校している間、塾によってはオンライン授業を行ったり、電話でサポートしたりといった対面しない授業やサービスを実施していましたが、個人塾を中心に対策が出来ないまま再開出来るのを待つといった塾もありました。
現在では緊急事態宣言も解除され再開している塾も多いですが、3か月程度休校してしまっているために、宿題を増やす・授業スピードを早める・オンラインで公開した部分は飛ばして行うなど、生徒側に負担を強いる手段で今年度のカリキュラムを終わらせようとしている塾もあります。

・家庭教師では

岐阜家庭教師のアズでは、学校や塾の休校期間中も殆どのご家庭で普段通りの指導を継続していました。中には、休校中は時間があるので指導時間や回数を増やしたこともありました。
指導としては新型コロナウイルスによる休校が長引いた場合に備え本来3~5月に行われる予定だった部分の授業を行ったり、休校中で沢山ある時間を有効活用してこれまでの復習と学習内容の定着を図ったりしました。学校が再開してからは生徒も予習した範囲を授業で復習する形で学習できているので、余裕をもって勉強に取り組めています。

・なぜ家庭教師は行えたのか

私たち岐阜家庭教師のアズではなぜ通常通りに指導を行えたのでしょうか。確かに、指導は生徒の自宅で行うため、教師と生徒はある程度密接してしまいます。しかし、新型コロナウイルスは手洗い・うがいを始め適切な予防をしていれば感染する可能性が低いことが明らかになっています。また、当然ですが感染していない人から感染することはありません。私たちは予防を徹底し、生徒と教師とがお互いに感染していないという信頼関係を築くことで指導を続けられたのです。この信頼関係とそれによる指導の継続が可能な点は、家庭教師の大きなメリットと言えるでしょう。
個別指導塾も同様に1対1での授業を行うこともありますが、授業毎に先生が変わってしまうことがあるため、全員と信頼関係を築くことは難しく、現実的ではありません。また、国内の新型コロナウイルス薬としてアビガンが注目されていましたが、これも有効性が認められませんでした。ですので、海外で製造された薬が日本で出回るまでに再び新型コロナウイルスが流行した場合、塾は再び休校になることも十分に考えられます。

・おわりに

家庭教師は指導中に密接してしまいますが、岐阜家庭教師のアズでは生徒と教師との間で感染していないという信頼関係を築くことで学校の休校中にも指導が行うことが出来ました。これにより生徒たちは余裕をもって再開した学校の授業に取り組めています。これは家庭教師ならではのメリットと言えるでしょう。
岐阜家庭教師のアズでは1ヵ月の体験指導も行っておりますので、塾での成績が伸び悩んでいる方や学校の授業に追いつけていない方、その他家庭教師に興味を持たれた方はぜひ一度申し込んでみて下さい。

愛知・岐阜家庭教師のアズ

自覚と責任を負う優良業者に 家庭教師協会・派遣業協同組合 の ロゴマークの利用が許されております。
Copyright(c) 家庭教師のアズ All Rights Reserved.