[学校情報] 岐阜県大垣桜高校 学校情報

本校は昭和22年4月に岐阜県稲葉南実業・実科女学校として開校し、平成7年に岐阜県立大垣桜高等学校として男女共学となり、現在では創立70周年を迎えている学校です。
本校は家庭科と福祉の専門高校で、服飾デザイン科、食物科、生活文化科、福祉科の4学科からなり、どの学科も基礎・基本的な知識から高い専門性のある知識・技術の習得を目指し教育を行っています。

服飾デザイン科では将来ファッション業界で活躍することを目指し、ファッションに関する感性、技術を磨き、各種コンテストにも挑戦し最優秀賞などの優秀な成績を収めています。また、織り、染め、編み、刺繍、パッチワークなど、手芸技法の各種を学ぶとともに、商品企画から発売まで総合的に創造していく力を身に着けます。他にも、被服製作技術検定洋服1級を始めとした様々な資格の取得を行うことができます。

食物科では調理師資格に相応しい栄養や調理に関する専門的な知識・技術を身に着け、食産業界で活躍できる食のスペシャリストを目指した授業を行っています。そのために、日本・中国・西洋料理の調理実習や集団調理実習、各種講習会などを行っています。卒業と同時に調理師の資格を得ることができ、ホテルやレストラン等の調理師として、あるいは進学して栄養士の資格を取得後、地域社会で活躍することができます。

生活文化科では1、2年次で基礎学習を行い各種の検定・資格の取得を目指し、3年次でインテリアコース、保育コース、食生活コース、ファッションコースの4つのコースに分かれて学習します。被服製作技術検定和服1級、食物調理技術検定1級、全商ビジネス文書実務検定1級などの資格取得を行うことができます。

福祉科では高齢社会の到来に伴う地域福祉のニーズにこたえられる、豊かな福祉観をもったスペシャリストを目指した教育を行っています。福祉教科では全科目において実習や体験学習などを通して実践力やそれに伴う知識・技術を習得します。また、卒業時に国家資格である介護福祉士試験の受験資格を取得でき、例年高い合格率を誇っています。


教育目標
〇人間としての在り方や生き方を考えさせ、人間性豊かな生徒を育成する
〇専門的な知識・技術を生かし、地域社会や生活産業に貢献できる生徒を育成する
〇社会において、信頼と尊敬を得る社会性のある生徒を育成する


卒業後は岐阜大学、滋賀大学、岐阜県立看護大学、岐阜女子大学、日本福祉大学、平成医療短期大学、岐阜保健短期大学、国際製菓技術専門学校、中日美容専門学校などの大学等へ進学したり、岐阜都ホテル、岐阜県福祉事業団、鶴屋ファッション、馬喰一代などの企業へ就職したりしています。


家庭教師岐阜 家庭教師のアズには大垣桜高校の入試データ・合格実績があります。

住所 〒503-0103 岐阜県大垣市墨俣町上宿465番1
電話番号 0584-62-6131
自覚と責任を負う優良業者に 家庭教師協会・派遣業協同組合 の ロゴマークの利用が許されております。
Copyright(c) 家庭教師のアズ All Rights Reserved.
SSL GMOグローバルサインのサイトシール