新着情報 ~ 不登校or学習障害について

不登校児への支援策であるフリースクールについて

岐阜県では2%弱の生徒が不登校で、不登校児への支援は「学校に登校出来るようにする」以外にも「社会的な自立を助ける」方策も取られるようになっています。そして、学習の機会を設ける支援策の一つとしてフリースクールがあります。学習支援策としては、他にもICTを用いた自宅学習支援や教育委員会が設置した教育支援センターなどがあり、そちらでも同様の要件を満たすことで出席扱いとすることができます。

特別支援学級について 2/2

国連の障害者権利委員会は2022年、日本が同条約に基づく対応を実施しているかどうかを確かめる「対日審査」を初めて実施し、9月9日に審査結果として報告書を公表しました。 報告書では、障害児が特別支援学校や特別支援学級に「分離」されることで通常の教育を受けにくくなっているとして懸念を表明し、障害児を分離する現状の特別支援教育をやめるよう日本政府に強く求めました。 また、文部科学省が2022年4月に全国の教育委員会に発出した通知で、特別支援学級に在籍する児童生徒が通常の学級で学ぶ時間を週の半分以内にとどめるよう求めた点も危惧し、通知の撤回を要請していました。
これらに対し、文部科学省は撤回しない方針を示しましたが、日本と海外で特別支援教育についての在り方はどう違うのでしょうか。今回は、各国の特別支援教育の内容や特徴について書いています。

特別支援学級について 1/2

国連の障害者権利委員会は2022年、日本が同条約に基づく対応を実施しているかどうかを確かめる「対日審査」を初めて実施し、9月9日に審査結果として報告書を公表しました。 報告書では、障害児が特別支援学校や特別支援学級に「分離」されることで通常の教育を受けにくくなっているとして懸念を表明し、障害児を分離する現状の特別支援教育をやめるよう日本政府に強く求めました。 また、文部科学省が2022年4月に全国の教育委員会に発出した通知で、特別支援学級に在籍する児童生徒が通常の学級で学ぶ時間を週の半分以内にとどめるよう求めた点も危惧し、通知の撤回を要請していました。
これらに対し、文部科学省は撤回しない方針を示しましたが、日本と海外で特別支援教育についての在り方はどう違うのでしょうか。今回は、各国の特別支援教育の内容や特徴について書いています。

なぜ通信制サポート校が増加しているのか

最近、個人塾を始めとする規模の小さい塾で、通信制サポート校と呼ばれる形態の塾が増加しています。それはなぜなのでしょうか?現状の塾の業務時間と内容の面から通信制サポート校が増加している理由、通信制サポート校の内容説明、魅力について記載しています。

子供たちの安全について

県PTA連合会は去る11月30日、子どもたちがより良い教育環境で生活できることを目指して、後藤会長から堀 貴雄県教育長に要望書を提出しました。このほど県より回答が届きましたので、2022年2月号の岐阜県PTA新聞記事を参照し、子供たちの安全について、いじめ防止に対する対応、不登校に対する対応、損害賠償責任保険への加入促進について紹介いたします。

子どもたちのより良い教育環境のために 2/2

2.子どもたちの安全について (1)いじめ防止に対する対応 いじめ防止対策推進法が施行されて以来、いじめに対する取組は強化され、学校での意識も変化が生じてきているように感じられます。 平成29年3月には、文部科学省からい…

子どもたちのより良い教育環境のために 1/2

県PTA連合会は去る11月30日、子どもたちがより良い教育環境で生活できることを目指して、県教育長に要望書を提出しました。
要望の内容は、昨年、県内すべてのPTAから寄せられた項目を総務委員会で5項目に集約したものです。
要望懇談会では要望書を提出したあと、総務委員長が要望書の内容を説明し、懇談に入りました。

いじめ問題と不登校について

いじめや不登校は中々無くならない問題で、コロナ禍により一部では増加してきています。今回の記事では、いじめ問題と不登校について、より良い教育環境の実現に向けた要望書に対する県からの回答を紹介し、私達ができることについてご紹介しています。

自閉症について

自閉症は発達障害の1つですが、自閉症の影響によるストレスから、不登校やうつ病といった二次障害を起こしやすいと言われます。今回の記事では、自閉症の特徴、二次障害、対応と対策についてご紹介しています。

ADHD(注意欠如多動性障害)の特徴など

ADHDは未就学児から成人まで幅広く見られる発達障害の1つで、勉強や作業に集中できなかったり、落ち着きがなかったりする為、学校生活や日常生活に支障をきたします。今回の記事では、ADHDの特徴、種類、対応と対策についてご紹介しています。

LD、ADHD、自閉症について

LDという言葉を聞いたことはあるでしょうか。元々は一部の研究者からの専門用語として使われていましたが、近年では一般の人々でも耳にする日常用語となってきました。今回の記事では、LDの特徴、種類、対応と対策についてご紹介しています。

自覚と責任を負う優良業者に 家庭教師協会・派遣業協同組合 の ロゴマークの利用が許されております。
Copyright(c) 家庭教師のアズ All Rights Reserved.
SSL GMOグローバルサインのサイトシール