新着情報 NEWS

不登校児への支援策であるフリースクールについて

岐阜県では2%弱の生徒が不登校で、不登校児への支援は「学校に登校出来るようにする」以外にも「社会的な自立を助ける」方策も取られるようになっています。そして、学習の機会を設ける支援策の一つとしてフリースクールがあります。学習支援策としては、他にもICTを用いた自宅学習支援や教育委員会が設置した教育支援センターなどがあり、そちらでも同様の要件を満たすことで出席扱いとすることができます。

国語力の大切さについて

近年、共通テストを始めとした大学入試、高校入試でメモ形式やレポート形式、会話形式などの文章量が多い問題の出題が増えています。そのため、問題を解ける知識だけではなく、読解力や速く正確に読む力も重要になります。今回は、それら国語力の大切さ、鍛え方についての記事となります。

特別支援学級について 2/2

国連の障害者権利委員会は2022年、日本が同条約に基づく対応を実施しているかどうかを確かめる「対日審査」を初めて実施し、9月9日に審査結果として報告書を公表しました。 報告書では、障害児が特別支援学校や特別支援学級に「分離」されることで通常の教育を受けにくくなっているとして懸念を表明し、障害児を分離する現状の特別支援教育をやめるよう日本政府に強く求めました。 また、文部科学省が2022年4月に全国の教育委員会に発出した通知で、特別支援学級に在籍する児童生徒が通常の学級で学ぶ時間を週の半分以内にとどめるよう求めた点も危惧し、通知の撤回を要請していました。
これらに対し、文部科学省は撤回しない方針を示しましたが、日本と海外で特別支援教育についての在り方はどう違うのでしょうか。今回は、各国の特別支援教育の内容や特徴について書いています。

特別支援学級について 1/2

国連の障害者権利委員会は2022年、日本が同条約に基づく対応を実施しているかどうかを確かめる「対日審査」を初めて実施し、9月9日に審査結果として報告書を公表しました。 報告書では、障害児が特別支援学校や特別支援学級に「分離」されることで通常の教育を受けにくくなっているとして懸念を表明し、障害児を分離する現状の特別支援教育をやめるよう日本政府に強く求めました。 また、文部科学省が2022年4月に全国の教育委員会に発出した通知で、特別支援学級に在籍する児童生徒が通常の学級で学ぶ時間を週の半分以内にとどめるよう求めた点も危惧し、通知の撤回を要請していました。
これらに対し、文部科学省は撤回しない方針を示しましたが、日本と海外で特別支援教育についての在り方はどう違うのでしょうか。今回は、各国の特別支援教育の内容や特徴について書いています。

通塾率の増加と必要性について

2021年度の文部科学省の調査で、教師の英語力が生徒の英語力に関係すること、通塾率が増加傾向にあることがわかった。今回はその調査結果とそれに伴う通塾率の増加と塾などの学校以外の学習場所の必要性についての記事である。

教科書のデジタル化について

コロナ禍の後押しもあり、2019年4月から紙の教科書と併用してデジタル教科書の使用が正式に認められました。デジタル教科書とは紙の教科書と同じ内容をタブレット端末などで表示できるようデジタル化したもので、拡大機能や書き込み機能、ふりがな表示機能などを備えています。今回は、デジタル教科書のメリットとデメリットについての記事となります。

愛知県・岐阜県版 私立中学イベント日程一覧 2022年度春・夏

2022年度に私立中学校で行われる学校説明会などのイベント日程表です。
こちらを参考に、ぜひ興味を持った学校へ足を運んでみてください。

子どものやる気を引き出すために

お子さんが遊びに出かけたりゲームをしたりするばかりで、なかなか勉強を始めずやきもきする保護者の方も多いのではないでしょうか。お子さんのやる気と本気を引き出すのに大切なのは、保護者からのほめ言葉ときっかけづくりです。今回は、お子さんのやる気の引き出し方について書いていきます。

愛知県公立高校の入試制度変更について 3/3

Q&A なぜ入試制度を変更したのですか? 一般選抜で2校に志願した場合でも学力検査は1回にして負担を軽くすることや、一般選抜の合格者発表を早めて高校入学の準備が余裕をもってできるようにすることに加えて、推薦選抜…

愛知県公立高校の入試制度変更について 2/3

一般選抜 Aグループ、Bグループの高校から1校ずつ、計2校まで志願できます。調査書、学力検査の成績等の資料によって総合的に決定した校内順位をもとに、合格者を決定します。全ての高校・学科で実施します。 入学検査 学力検査※…

愛知県公立高校の入試制度変更について 1/3

愛知県の公立高校では、令和5年度の入試から新制度になります。一般選抜で2校に出願できるのはこれまでどおりですが、学力検査は1回となります。また、推薦選抜などの時期が早まって2月上旬となり、一般選抜の合格者発表もこれまでより早くなります。さらに、高校や学科の特色を生かした「特色選抜」が導入されます。変更のポイント、新しい入試の流れ、特色選抜の内容について記載しています。

なぜ通信制サポート校が増加しているのか

最近、個人塾を始めとする規模の小さい塾で、通信制サポート校と呼ばれる形態の塾が増加しています。それはなぜなのでしょうか?現状の塾の業務時間と内容の面から通信制サポート校が増加している理由、通信制サポート校の内容説明、魅力について記載しています。

子供たちの安全について

県PTA連合会は去る11月30日、子どもたちがより良い教育環境で生活できることを目指して、後藤会長から堀 貴雄県教育長に要望書を提出しました。このほど県より回答が届きましたので、2022年2月号の岐阜県PTA新聞記事を参照し、子供たちの安全について、いじめ防止に対する対応、不登校に対する対応、損害賠償責任保険への加入促進について紹介いたします。

家庭教師の個人契約の危険性について

個人契約の家庭教師は、塾や大手の家庭教師センターでは起こり得ないようなトラブルが起こることがあるため、注意が必要です。今回は、個人契約で起こる可能性のあるトラブルについて紹介した記事となります。

令和3年度全国学力・学習状況調査の結果について

文部科学省から昨年8月31日に、同年の5月27日に実施された「令和3年度全国学力・学習状況調査」の結果が発表されました。この調査では小学6年生と中学3年生を対象として、小学生は国語と算数、中学生は国語と数学の試験を実施したものです。岐阜県の中学3年生の全国順位は直近10回分の平均で6.5位と全国でも上位の順位でしたが、小学6年生の全国順位は直近10回分の平均で31.1位でした。

自覚と責任を負う優良業者に 家庭教師協会・派遣業協同組合 の ロゴマークの利用が許されております。
Copyright(c) 家庭教師のアズ All Rights Reserved.
SSL GMOグローバルサインのサイトシール